コーヒー豆 雨のつづき

“sirimiri” から雨のつづきへ

調布市にある手紙舎を訪ねました。 手紙舎へ足を運ぶのは、およそ一年ぶりの二度目で、今回の目的地は三階の展示室「トロワ」。ヤマグチアキヒロさんとオザワアユミさんによる展示 "sirimiri" にお邪魔するため。ヤマグチさんの展示を訪ねるのも、昨年の個展 "LITTLEGLOWTH"以来の二度目です…

メガネコーヒーにて

役目と形

じぶんで企画する小さな展覧会を、およそ年に一度のペースで催しています。 会場としてつかわせていただくのは、街の美容室やカフェなど、本来は展示のために用意されたのではない空間で、その場その時に応じた展示を試みることが、ここ数年の私にとってたいへん重要な創作の一部とも言える行為になっています。 …

ほはば鼎談2

ほはばの鼎談 1980【後編】

 ■移動とともに人生が進んでいく 初田 東京はどのタイミングですか。 荒木 イタリアから帰国したときですね。イタリアに行った段階から、わたしはイタリアが好きだけど、住みたくないと思ってたんですよ。イタリアを歩いていると好きな家具とかいっぱい見かけるわけです。でも、買えないんですよ。お金もないし、…

ほはば鼎談1

ほはばの鼎談 1980【前編】

「ほはばのデザイン」に集まっているのは 「ものづくりを生業としている」 ということをのぞけば、出身地も職種もバラバラの6人。 と思っていたのですが、メンバーのうち3人が同い歳(1980年生まれ) であることが判明し、この鼎談の企画がもちあがりました。 1980年。日本の自動車生産台数が…

2016年春の桜

サクラサク、くりかえす

東京の桜が開花しました。 つめたく青く澄んだ冬のような空を背景に咲く梅も美しいものですが、空の見えぬほど満開に咲かせる桜の花と散った後の鮮やかな若葉は、ほんものの春の訪れを告げるようで毎年のことながら気分の明るくなるもの。 桜の咲く風景はとくに印象的で、どの道のどこにどんな桜の木があるの…

suica

首を長くする

待ちに待った東京駅開業100周年のスイカが届いた。 昔はよく待ったもんだ。駅には伝言板があって、 待っても待っても待ち合わせた友人が来ないと 『先に行くぞ!』なんて書いて置いて行ったこともある。 20歳でイタリアに留学していた時は、 手紙の返事がくるのは約1ヶ月後だった。 いまはインター…

いまは鉛筆よりもシャープペンシルを愛用している。

1ダースのおまじない

ことしの大学入試センター試験がはじまりました。 大学のみならず高校や中学、小学校などなど「戦争」とも形容される受験の実戦がはじまろうとしています。ことし三度目の年男となった私には遠い昔のことながら、かつてはその戦を経験したひとり、入試の合否に将来すべてが掛かっているかのような必死の戦いでした。…

muta20160112eye

機能と作用

籠をひとつ求めました。 個展の会場でひと目見た瞬間 手許に置きたいと思った品でしたが、 どのような用途にたえるものなのか 咄嗟には浮かびませんでした。 果てしない物欲と狭小住宅との折り合いをつけるために 用途の思いつかないものは所有しないと決めているのですが、 この籠に関しては禁を破り…

muta20151231eye

オリンピックをめざすように

 生活を支える仕事と、自分のやりがいを求めていく仕事の 両方の車輪で進んでいくのが今の自分には一番フィットしています。 どちらか一方だけでも僕はダメで。 「Shuku Shuku」03(Shuku Shuku、2014年) 校正の仕事を始めて8年めになりますが、 今年はいままででいちばんた…

Woman in Gold モザイク用の金

Woman in Gold

昨夜、映画を観ました。 「黄金のアデーレ 名画の帰還」です。 いくつかの映画館では今日・明日までの公開とのことで、大慌てで。 (公開されて日も浅いのに!きっと例の、星の戦いのせいでしょう) 手元にある昭和50年出版の画集では、もちろんウィーンの国立美術館蔵。 ヘレン…

ほはばのデザインとは

コラム一覧

2018年7月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031