2015年 8月

『純喫茶へ、1000軒』とマッチ。そして『純喫茶コレクション』

珈琲と一冊に集う『純喫茶へ、1000軒』

純喫茶についての新しい本が8月7日に、アスペクトから刊行されました。 その名も『純喫茶へ、1000軒』 著者はブログ「純喫茶コレクション」を運営し、同名の書籍をPARCO出版から2012年に世に出されている難波里奈さん。昼間は会社員として働きながら、平日の夜と休日とで純喫茶活動に勤しまれ、こ…

muta20150803eye

骨董市の歩きかた

夜型から朝型へ、生活をがらりと変えたのは骨董市のおかげです。 10年ほど前、アンティーク着物がきっかけで、骨董市巡りが趣味のひとつに加わりました。 骨董市を楽しむこつのひとつは、とにかく朝早くに訪れること。 時間が遅くなるほど、業者や目利きのお客に目玉商品はさらっていかれてしまうからです。…

六つ目の籠に風船葛

籠目で暑気をはらう

竹籠の編み方として、もっとも有名なものの一つが六つ目編み。 六本の竹ヒゴでできる編み目のことは、籠目とも呼びます。 隙間の大きな編み方ながら、六角形の目の周りに三角形ができるため、隙間の大きさに比べてずっと堅牢で、屋外で落葉を集めたり農作業に用いられたりと実用的な編み方。そのかたちを引用した…